2019年までは、国勢調査、人口推計(総務省)より作成。2020年以降の総人口は、日本の地域別将来推計人口(社人研)より作成。 出生・死亡数は、人口動態統計(厚生労働省)、転入・転出数は、住民基本台帳人口移動報告(総務省)より作成 - 6 - 人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は27万6千人の減少 総人口,日本人人口ともに9年連続の減少. 人口推計(令和2年(2020年)7月確定値,令和2年(2020年)12月概算値) (2020年12月21日公表) ≪ポイント≫ 【令和2年12月1日現在(概算値)】 <総人口> 1億2571万人で,前年同月に比べ減少 43万人 ( 0.34%) 【令和2年7月1日現在(確定値)】 <総人口> 1億2583万6千人で,前年同月に比べ … 率算出に用いた人口は、令和元年10月1日現在推計日本人人口 123,883,000 人(試算値)である。 (「人口推計(令和元年10月1日現在)」(総務省統計局)の総人口(概算値)を用いて、人口動態・保健社会統計 室で試算) 実 数 (人、胎、組) 率 差(a)-(b) 総務省は2020年4月14日、「人口推計(2019年10月1日現在)」を公表した。総人口は、前年(2018年)比27万6,000人減の1億2,616万7,000人と、9年連続で減少。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 2.2010年までは総務省「人口推計」、2015年は総務省「国勢調査」(年齢不詳をあん分した人口)による。 (百万人) (年) 推計値 第1部 2019 White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan 人手不足の状況 第4章 昨今、少子高齢化を背景として人口が減少傾向にあることに加え、生産年齢人口が … 2.2010年までは総務省「人口推計」、2015年は総務省「国勢調査」(年齢不詳をあん分した人口)による。 (百万人) (年) 推計値 第1部 2019 White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan 人手不足の状況 第4章 昨今、少子高齢化を背景として人口が減少傾向にあることに加え、生産年齢人口が … 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 国勢調査による人口を基に,その後における各月の人口の動きを他の人口関連資料から得て,毎月1日現在の人口を算出しています。. 総務省が12日発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人だった。 報道資料 令和2年4月14日 人口推計(2019年(令和2年)10月1日現在) 総務省は、人口推計(2019年(令和2年)10月1日現在)の結果を公表しました。 総務省は10月21日、人口推計の2019年10月概算値及び5月確定値を公表しました。 19年10月1日現在の総人口(概算値)は1億2,614万人で、前年同月比30万人(0.24%)の減少としています。 19年5月1日現在の総人口(確定値)は1億2,618万1,000人で、同28万5,000人(0.23%)減とのことです。 年齢階層別 … 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を … 統計トピックスNo.120. 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況 . 総務省¹⁾によると、2019年10月1日現在の日本の総人口(外国人も含む)は、1億2616万7千人でした。前年より27万人以上減少しています。 また、日本人人口は1億2373万1千人で、前年より48万人以上減少しています。 お知らせ. 2019年までは、国勢調査、人口推計(総務省)より作成。2020年以降の総人口は、日本の地域別将来推計人口(社人研)より作成。 出生・死亡数は、人口動態統計(厚生労働省)、転入・転出数は、住民基本台帳人口移動報告(総務省)より作成 - 6 - 率算出に用いた人口は、令和元年10月1日現在推計日本人人口 123,883,000 人(試算値)である。 (「人口推計(令和元年10月1日現在)」(総務省統計局)の総人口(概算値)を用いて、人口動態・保健社会統計 室で試算) 実 数 (人、胎、組) 率 差(a)-(b) 総人口は9年連続減少. 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 çœŒåŠã³å³¶æ ¹çœŒã¯ç¤¾ä¼šå¢—加から社会減少に転じています。(結果の概要 8~9ページ), 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16.9%)となっています。, 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65.8%)となっています。, 65歳以上人口及び75歳以上人口の割合が最も高いのは,いずれも秋田県(37.2%,20.0%)となっています。, 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を下回ったのは,愛知県,滋賀県及び沖縄県のみとなっています。(結果の概要 12~13ページ). 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 総務省. 3.基準世帯数・人口等 推計の対象は国勢調査(総務省統計局)における一般世帯4とし、都道府県別、世帯主の 男女・年齢5歳階級別に国勢調査の一般世帯の家族類型を集約して本推計の5区分の世帯数 3.基準世帯数・人口等 推計の対象は国勢調査(総務省統計局)における一般世帯4とし、都道府県別、世帯主の 男女・年齢5歳階級別に国勢調査の一般世帯の家族類型を集約して本推計の5区分の世帯数 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 2019年【平成31年】1月21日月曜日 総務省統計局から 人 口 推 計- 2019年(平成31年) 1 月 報 -が発表されました。 総人口は1億2632万人で,前年同月比マイナス27万人、率にして-0.22%の減少。 平成最後の人口推計1月報グラフは「続きを読む」から。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から) 総務省統計局では、5月5日の「こどもの日」にちなんで、平成31年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)を推計しました。 要約 全国 総務省が公表した人口推計によると、2019年10月1日時点の総人口は1億2616万7000人で、前年に比べ27万6000人(0.22%)の減少となった。 このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 総務省は2020年4月14日、「人口推計(2019年10月1日現在)」を公表した。総人口は、前年(2018年)比27万6,000人減の1億2,616万7,000人と、9年連続で減少。 厚生労働省について ; 統計情報・白書 ... 人口動態調査 > 結果の概要 > 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況. 総務省統計局統計調査部国勢統計課 人口推計係 担当:佐藤課長補佐、鈴木係長 電話:03(5273)1009 FAX:03(5273)1552 E-mail:c-suikei_atmark_soumu.go.jp (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。 「_atmark_」を「@」に置き換えてください。 東京都の人口(推計) 東京都の人口(推計)とは 5年ごとに行われる国勢調査の間の時点における各月の人口を把握するため、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、これに毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したものです。 令和2年(2020年)10月1日現在(概算値)の総人口は,1億2588万人. 総務省統計局統計調査部国勢統計課 人口推計係 担当:佐藤課長補佐、鈴木係長 電話:03(5273)1009 FAX:03(5273)1552 E-mail:c-suikei_atmark_soumu.go.jp (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。「_atmark」を「@」に置き換えてください。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 2019年【平成31年】1月21日月曜日 総務省統計局から 人 口 推 計- 2019年(平成31年) 1 月 報 -が発表されました。 総人口は1億2632万人で,前年同月比マイナス27万人、率にして-0.22%の減少。 平成最後の人口推計1月報グラフは「続きを読む」から。 総務省が12日発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人だった。 総務省・新着情報. (出典)2017年まで:総務省「国勢調査」、「人口推計(各年10月1日現在)」 (総数には年齢「不詳人口」を含み、割合は年齢「不詳人口」を按分補正した人口による。1971年以前は沖縄県を含まない。) 「図表0-1-1-1 我が国の人口及び人口構成の推移」のExcelはこちら / CSVはこちら. (出典)2017年まで:総務省「国勢調査」、「人口推計(各年10月1日現在)」 (総数には年齢「不詳人口」を含み、割合は年齢「不詳人口」を按分補正した人口による。1971年以前は沖縄県を含まない。) 「図表0-1-1-1 我が国の人口及び人口構成の推移」のExcelはこちら / CSVはこちら. 厚生労働省では、人口動態統計の年間推計について、下記のとおり前年の数値を基準とし、今年の速報値・概数値の要素を加味して機械的に算出し公表してきました。しかし、令和元年(2019)及び2年(2020)の数値は、以下のように例年と異なる動きが出ています。 東京都の人口(推計) 東京都の人口(推計)とは 5年ごとに行われる国勢調査の間の時点における各月の人口を把握するため、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、これに毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したものです。 令和2年(2020年)5月1日現在(確定値)の総人口は,1億2589万5千人。. 令和2年9月17日. 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 総人口は1億2616万7千人で,前年に比べ27万6千人(0.22%)の減少と9年連続で減少しています。 令和2年9月17日. 報道資料 令和2年4月14日 人口推計(2019年(令和2年)10月1日現在) 総務省は、人口推計(2019年(令和2年)10月1日現在)の結果を公表しました。 人口推計. 総務省・新着情報. 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を … 法人番号2000012020001 〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館 電話03-5253-5111(代表)【所在地図】 総務省が公表した人口推計によると、2019年10月1日時点の総人口は1億2616万7000人で、前年に比べ27万6000人(0.22%)の減少となった。 BAdobe Reader‚ð‚¨Ž‚¿‚Å‚È‚¢•û‚́Aƒoƒi[‚̃Šƒ“ƒNæ‚©‚ç–³—¿ƒ_ƒEƒ“ƒ[ƒh‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, ©1996 ‘–±Èi–@l”ԍ†2000012020001j“Œv‹Ç, —ߘa2”N12ŒŽ•ñ i—ߘa2”N7ŒŽŠm’è’lC—ߘa2”N12ŒŽŠTŽZ’ljiPDFF301KBj, lŒû„Œvi—ߘa2”Ni2020”Nj7ŒŽŠm’è’lC—ߘa2”Ni2020”Nj12ŒŽŠTŽZ’lj@i2020”N12ŒŽ21“úŒö•\j. 総務省統計局統計調査部国勢統計課 人口推計係 担当:佐藤課長補佐、鈴木係長 電話:03(5273)1009 FAX:03(5273)1552 E-mail:c-suikei_atmark_soumu.go.jp (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。「_atmark」を「@」に置き換えてください。 厚生労働省について ; 統計情報・白書 ... 人口動態調査 > 結果の概要 > 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況. 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況 . 法人番号2000012020001 〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館 電話03-5253-5111(代表)【所在地図】 資料:総務省「人口推計」平成30年10月1日(確定値) (注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口: 我が国の65歳以上人口は、昭和25(1950)年には総人口の5%に満たなかったが、昭和45(1970)年に7%を超え、さらに、平成6(1994)年には14%を超えた。高齢化率はその後も上昇を続 … 厚生労働省では、人口動態統計の年間推計について、下記のとおり前年の数値を基準とし、今年の速報値・概数値の要素を加味して機械的に算出し公表してきました。しかし、令和元年(2019)及び2年(2020)の数値は、以下のように例年と異なる動きが出ています。