大火災からの人命救助や放火集団マッドバーニッシュとの激しい戦闘もスタイリッシュかつ周到に捌き切るなど、バカがつくほど熱心な「火消し」としての高いスキルと心意気も併せ持ち、その点では周囲からの評価も高い。 髪色についても色々検討した上で、最終的に同じ青に落ち着いたことが語られている。 実際のところ似ているのは第一印象ぐらいでそれほど顔立ちやパーツが似ているわけでもないが、今石氏がこういう性格のキャラを描くと髪型などが大体こういう感じになってしまうとのこと。  歌舞伎の見得切りをオマージュしたあの独特のしゃべり方はかなり印象的ですよね。  リオはクレイを殺したいほどに憎んでいましたが、ガロは感情の矛先をクレイにむけなかったことがわかる描写です。 その影響で、ガロ自身もまたプロメポリスの人間を救いたいと考えるようになった。  この冒頭のシーンだけでなく、ガロデリオンでフォーサイト財団に突撃するシーンやクレイとの対決でもたびたび見得を切るガロですが、唯一、見得を切らずに人命救助をするシーンがあります。 ポスターやPV見て「はじめは敵対していた熱血漢のガロとクールなリオが共闘して黒幕っぽそうなクレイを倒す展開になるんだろうなー」と思って観ると、実際そうである。あらすじはいたって単純。でも考察できる材料はたくさんある。 出てくる登場人物のあいだで信頼関係がきちんとある感じがよかった。それは冒頭の「おれたちはレスキュー隊なんだよ」のセリフにまず表れる。マッドバーニッシュもバーニッシュの人たちの希望だったり、ゲーラとメイスもボスに託すシーンもいい。クレイも部下のビ … 2019年春公開『プロメア』をネタバレ無しで、感想・評価とあわせてレビューします。 ※ネタバレ有り感想は、ページ最下部に掲載しています。 おすすめ度: (73点) 一言感想 :絶妙な台詞回しとド派手なバトルが魅力的な、作り手の「熱量」を感じる作品 「1分で読める」レビュー要約 【 …  このシーンを境に、ふたりが呼吸を合わせマシンを動かしたり、相手の危機を救ったりするシーンが出てくるようになり、ガロのセリフはその象徴的な役割を担っています。, 誰からも尊敬される司政官として登場したクレイ。 バーニッシュフレアをも凍らせて拘束具代わりになるが、バーニッシュ本人への攻撃や無力化にはあまり役立たない。, オレンジ色のパワードスーツ。突入要員の基本装備。 その一方で消防・レスキュー隊員として正規の訓練を受けているため消火活動や救命救急の技能はきちんと修めている。 「プロメア」は今石洋之監督と中島かずき脚本がタッグを組んだ劇場アニメ。この二人の名前を見てピンと来た人は多いだろう。そう、「グレンラガン」「キルラキル」を手がけたタッグだ。この2つの作品の共通の特徴は 「とにかく熱くひたすらテンションが高い」。 バーニッシュであるリオの「すべてを燃やし尽くすという衝動」と、火消しのガロの「人を救って炎を消す」相反する二つの意思によって、地球を燃やし尽くし、消火します。  あの場面だけは、パフォーマンスのことなど忘れて無我夢中でリオを助け、復活したリオに話しかけられてやっと我を取り戻したガロ。  戦いの中での何気ない一言ですが、作り手の裏要素が込められた象徴的なセリフでもあります。, たまたま遭遇したバーニッシュの難民キャンプに立ち会ったガロは、リオたちが抱えるバーニッシュの想いを聞き、衰弱していくシーマを目の当たりにすることで、これまで放火魔として対峙してきた自分の見解を改めていきます。  「バーニッシュだって人間だ」「同じ人間なのに」とバーニッシュの人体実験・弾圧を繰り返すクレイを許せないリオの言葉が印象的なシーン。 (C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG 【公開】 2019年(日本映画) 【監督】 今石洋之 【キャスト】 松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠大典、柚木涼香 【作品概要】 炎を操る新たな人種、バーニッシュ、その中でも一部の過激な集団「マッドバーニッシュ」リーダー、リオと対バーニッシュ火災の救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロは互いの信念の違いから衝突します。 しかし、二人は全世界を … 物凄く上にハネた青い髪が特徴。 マトイギアの支柱部分は外し、鳶口(火消しが建物の破壊に用いた鉤状の道具)の形をした凍結弾を発射する武器として使う。敵にマトイをバラバラにされても信号を受けるとパーツが再集合し、一瞬で敵を凍結拘束する最終手段も存在する。, 前日譚「プロメア SIDEガロ」で登場。初出勤時に持っていたおそらく自作の纏。  だから本当にこのときガロを殺そうとしたし、すべてを話した。 変形時の口上は「火の元過ぎても熱さ忘れず 火事場装着 マトイテッカー」。  そう考えると、誰よりも人間らしい感情で行動しているのはクレイなのでは?と感じるようになるから不思議ですよね。 冒頭で面白くなかったと書きましたが、本作「プロメア」で言いたいのは各部分だけを取り上げると、とても素晴らしいです。 まずアニメとして一つ重要な点だと思うのが、「見ていて心地が良いか」ということ。 これはメカの動きが「ガチャガチャ、パキン!」とメリハリよく変形したりだとか。あるいは人間キャラの動きが通常では有り得ない動作ではあるけども、その動きを眺めているだけで「楽しい」と思えるかどうか …  クレイがバーニッシュを発動した過去、そしてガロへの憎悪を告白しガロを高所から突き落とし、「救世主だよ、人類の」と高らかに宣言します。 『プロメア』は2019年5月24日に公開されたアニメ映画。 東宝映像事業部が配給し、TRIGGERが製作した。 監督はTRIGGERを立ち上げた今石洋之、そして脚本は劇団 新感線の中島かずきが手掛け、『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のコンビが三度タッグを組んだ。 江戸時代の日本で活躍していた「火消し」に強く憧れており、火消しの「纏」をモデルにしたマトイギアを装備している。 その後、彼からバーニッシュやクレイについての真実を聞かされることとなる。, 瞬間凍結弾を発射し対象を凍らせる、バーニングレスキューの基本装備。  ヒールキャラでも人気ランキング上位になるのは、感情移入できるクレイの内面の描き方にもヒントがあるのかもしれません。, 個人的に一番好きなガロのセリフです。 鈍いレスキューギアとは対照的に足裏の車輪で滑るように高速移動し、あっと言う間にマッドバーニッシュを制圧する程の戦闘力を誇る。 『プロメア』の映画が5月24日に公開されますね。 作中のキャラクターや映画がどのように作られているのかを知っておくとさらに内容を楽しめると思います。 今回はプロメアに出演している声優キャストやアニメスタッフについて紹介していきたいと思います!  ただ、本当にクレイはガロを憎んでいたのでしょうか。 今年5/24に封切りされ、異例のロングランヒットを続ける『プロメア』。 プロメア PROMARE 監督 今石洋之 脚本 中島かずき 原作 TRIGGER 中島かずき 出演者 松山ケンイチ 早乙女太一 堺雅人 ケンドーコバヤシ プロメア』(PROMARE)は、TRIGGER制作の日本のアニメ映画。2019年 5月24日に公開された。 TRIGGER制作劇場アニメ『プロメア』の主人公。綴りは"Galo Thymos"。 10代で高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員。隊員内での通し番号は7。 江戸時代の日本で活躍していた「火消し」に強く憧れており、火消しの「纏」をモデルにしたマトイギアを装備している。 物凄く上にハネた青い髪が特徴。 普段はシャツなどを着ているものの、バーニングレスキューとしての活動時にはなぜか上半身裸になる。 左腕の火傷痕を保護するためかサポーターで覆っている。左肩の×型の装飾は「め …  場面の緊迫感と、どれだけリオがガロにとってかけがえのない存在になっていたかが伝わる、隠れた描写となっています。, 炎を燃やすことが自らの生きる意味となっているリオと、火消しのガロ。 プロメア 「プロメア」燃え上がる魂…! ガロ&リオが立体化、キャラデザ・コヤマシゲト完全監修 2020.8.18 Tue 22:00 『プロメア』よりガロ・ティモスとリオ・フォーティアがフィギ… 映画「プロメア」クレイ・フォーサイトのアクリル印鑑セットが発売、ガロ・リオもキャンセル分の販売が決 … 左腕を犠牲にしてまで救ってくれたクレイのことを心底尊敬しており、「旦那」と呼んで慕っている。  「自分も醜い突然変異だ」とバーニッシュである自分自身を憎み、発火を最小限にとどめているクレイ…こういったキャラの心情を細やかな描写で表現しているのがプロメアという映画の奥深さ、何度見ても面白いリピーターの多さにもつながっているんでしょうね。, 「お前の世話をしたのは成り行きで、そのほうが世間のウケがよかったからな」「バーニングレスキューに入れたのもそこが一番死亡率の高い職場だったからだ」「必ず生きて帰ってくる、まったく目障りな馬鹿だ」 ボタンを押すと紐で繋がれた纏飾りが飛んでいくギミック付き。しかしイグニスに簡単に折られるほど脆い。, 特に右側がハネた青髪・半裸・熱血キャラといった特徴から、ガロを見て今石×中島コンビの過去作品『天元突破グレンラガン』の重要人物カミナを想起した人は非常に多い。  私は、ガロという人間そのものを憎んでいたのではなく、「バーニッシュである自分を嫌でも思い出してしまう対象」としてのガロに向き合わなければいけないことが苦しかったのではと想像しています。 相手の話に耳を傾け態度を改めることもでき、単に直情径行なだけの熱血バカとは異なる、ある意味、子供のようで大人でもある人物。 今石洋之×中島かずき「プロメア」誕生秘話と見どころ、“ガロとカミナがそっくりな理由”は?, 今石洋之×中島かずき「プロメア」誕生秘話と見どころ、“ガロとカミナがそっくりな理由”は?. 外観は火消しが着用していた火事頭巾がモチーフ。 プロメアと人間の怒りは親和性が高い ことが分かります。 その怒りの象徴たるプロメアをガロとリオが徹底的に燃え上がらせることで、消えていきました。「プロメアは燃え足りない状態」ということをリオは説明していました。 ここぞという場では必ず歌舞伎役者のように見えを切る目立ちたがりでもあり、周囲からバカ扱いされつつ「火消しバカ」を自認する熱血漢。 プロメアの感想レビュー 本作の特徴は 絵もセリフも音楽もカッコいいです!! もう全部がカッコいいです笑。まず、絵についてですが本作品において登場人物を紹介する場面があるのですが、そこがとてもカッコいいです!  人を救うためにバーニングレスキューに入ったガロの正義の味方へのあこがれや、自分を鼓舞するためのパフォーマンスでもあるのかなと感じます。 ガロ×リオ カップリング (プロメア)に関する同人誌は、753件お取り扱いがございます。「BREAKING NEWS」「日々」など人気同人誌を多数揃えております。ガロ×リオ カップリング に関する同人誌を探すならとらのあなにお任せください。 高層ビルの壁をすいすい登れるように救助に特化した機能を持っているものの、スピードが足りず戦闘には不向き。, 日本の火消し達が使っていた「纏」をモチーフにしたガジェット。 「燃えていいのは魂だけだ!はた迷惑な炎は消してやるよ」  瀕死のリオを助けるシーンです。 CV:松山ケンイチ, TRIGGER制作劇場アニメ『プロメア』の主人公。綴りは"Galo Thymos"。 『プロメア』の映像は、他に類を見ない色合いとデザインで溢れている。 まず色に関して言えば、通常のアニメよりも鮮明に映えるカラーリングが重視されている。ガロ・ティモスらバーニング・レスキューの面々のキャラクターデザインは、グレーや黒といった明度の低い色合いは控えめに、青やピンクといった原色に近い色が大胆に取り入れられている。彩度の高いカラーリングはスクリーンでよく目立ち、複数のキャラクターが並び立つと殊更に賑やかになる。それがダイナミックに動き回るシーン … jis q 27000:2014(情報セキュリティマネジメントシステム-用語)におけるリスク分析の定義はどれか シャンプー キャラソン 歌詞 ショップチャンネル ベル モード 横断的 総合的な学習 事例 ポップ ティーン ゆらゆら 現在 水 体積 温度 なぜ  今回の記事では、映画の中でも特に印象的なシーンでのキャラのセリフにスポットを当て考察していきます。, プロメアの予告CMでもかなり使われたガロの登場シーン。 実際の纏が旗印として機能していたように、マトイもまた光やけたたましい音を発して、煙の中から要救助者の居場所を知らせる役割を持つ。 ビジネスでキャリアを歩みつつ、様々な映画や音楽、流行などに触れてきました。, 皆様にとって面白い情報を世の中に発信していきたいと思い立ち、このブログを運営しています!, 『ミッション:インポッシブル フォールアウト』あらすじとネタバレ解説。キャストも紹介!. 「燃えて消すのが俺の流儀だ!」 今回はアニメ映画『プロメア』の4DX版の感想です! さてさて、この『プロメア』はとてつもないロングランヒット、そして盛り上がりを見せているんですよ。 5月24日の公開日から2ヵ月半かけて興行収入10億 左腕の火傷痕を保護するためかサポーターで覆っている。左肩の×型の装飾は「め組」の「メ」がモチーフ。, 何事にも物怖じしない猪突猛進を絵に描いたような男で、一番新人のクセに他の誰よりも態度がデカく、上司や先輩の静止さえ一切通用しない。 2020年2月5日発売の『プロメア』Blu-ray&DVD完全生産限定版のジャケットイラストが公開された。 イラストは、キャラクターデザイン・コヤマシゲト描き下ろしのガロ・ティモス、リオ・フォーティア、リオデガロン。 映画『プロメア』Blu-ray&DVD あと待ってクレイ義手なの……この恵まれた体格で…情報量すご…性の癖すぎる…あとカッコイイ大人に憧れる少年超ーーー大好き。  このセリフは二人が初めて会った屋上火災で初めて交わした会話になりますが、冷静で淡々とした口調のリオが炎を操り、熱く叫ぶガロが消火をするというコントラストがとても面白いですよね。  形から入りたがるガロに少々呆れ気味だったそれまでのリオでは出なかったであろうセリフ、二人の絆の深まりを感じさせる名場面です。, バーニッシュであるリオの「すべてを燃やし尽くすという衝動」と、火消しのガロの「人を救って炎を消す」相反する二つの意思によって、地球を燃やし尽くし、消火します。  燃やして消火というのは、解決方法としては一見意味が分からないのですが、『プロメア』という映画に一貫して描かれている「違うものを認める」というテーマを象徴しているのではと思います。, 『プロメア』は見れば見るほど、その裏テーマや描写の細かさに気づくことができる、深堀りが楽しい映画になっています。  クレイがバーニッシュの力を行使しようとする最初のシーンです。  のちにバーニッシュであることを告白するクレイですが、その力が一番初めに発露した左手を抑え感情を必死に押し殺しているこのシーンは、二回目以降彼がバーニッシュとなったことを知ったうえで見ると鳥肌モノです。, 怒りに身を任せ暴走するリオに対峙するクレイ。 プロメアのキャラクターを見て「昔のキャラの焼き直しだなあ」なんて粗悪な感覚などチリ1つも感じないので安心してください。・主人公ガロとリオにきちんと焦点があたっており、無駄な場面がありません。劇中で課題に直面し、感情を爆発さ  のちに、心を動かされたガロがクレイに向かって「バーニッシュだって人間だ」とこの時のリオとまったく同じセリフを言うようになります。, クレイの過去を知り、地球崩壊をとめるべくデウスXマキナに乗り込みクレイのもとへ向かうシーンでガロがリオに伝えたセリフです。 「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の監督:今石洋之×脚本:中島かずきによる初のオリジナル劇場アニメーション『プロメア』公式サイト。松山ケンイチ×早乙女太一×堺雅人の豪華出演キャストや実力派声優に加え、音楽:澤野弘之、主題歌:Superflyなど豪華メンバーが集結!  このシーンでもわかるように、リオは全身を怒りの炎で燃やしているのに対し、クレイは作中のどのシーンでも左手だけで炎を操っているのが印象的ですね。  かなりショッキングなシーンですが、この時ずっとクレイの左手が震えているのに気づきましたか?  ここの「助ける」という言葉はイコール「信じる」でもあると思っていて、ガロはリオなら生き返ることも、地球が壊滅する前に自分の力でそれを止められることも、自分を殺したいと言ったクレイのなかに良心や正義があることも、すべてを信じたからこそパルナッソス計画の阻止、そして地球を救う消火を成し遂げられたのだと感じました。, まず最初にガロとリオが乗り込んだデウスXマキナにガロが改めてつけた名前は「リオデガロン」、もちろんふたりの名前からとっており「ガロデリオンにしなかった俺の奥ゆかしさをほめてくれよ」とガロは軽口をたたくのですが、最後に乗り込んだマシンに、今度はリオがその「ガロデリオン」と名前をつけ最後の戦いに向かうのが粋ですよね。 また、強い風を巻き起こして煙を吹き飛ばす機能もある。 幼い頃火事に遭ったが、その時クレイ・フォーサイトによって助けられたという過去を持つ。 TVアニメ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』を手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきのタッグによる、完全オリジナル劇場アニメーション作品。 2019年5月24日より全国公開。なお特典映像として「ガロ編」「リオ編」という前日譚も制作されている。 2017年夏に北米のアニメイベント「Anime Expo」で初めてプロジェクトが発表された。 アニメーション制作はTRIGGER、製作はXFLAG。 炎を操るミュータントとそれを鎮火する消防レスキュー隊との戦いを軸にした、若林氏曰く「スーパーリ…  2020年2月には待望のBlu-rayも発売されますので、映画を見たときには拾えなかった要素やもう一度聞きたいセリフがあるかたはぜひBlu-rayでもう一度プロメポリスに会いに行きましょう。, 関西在住の編集者。 また、中島氏は炎の上昇気流で前髪がはね、襟足は焼けないように短く刈り込むので自然とあの髪型になる、いわゆる火消しの「職業髪」であるとインタビューで答えている。(もちろん冗談です)  個性的なキャラクターに色鮮やかなグラフィック、豪華な声優・製作陣、そしてトリガー作品ならではのアツい展開が話題を呼び、映画レビューアプリ「Filmarks」の「2019年映画満足度ランキング」では、邦画部門で2位にランクインするなど、快進撃を飛ばしています。 それ故に放火犯であるマッドバーニッシュは嫌っているが、逆に静かに暮らすバーニッシュが偏見を持たれるのに苛立ちを覚えたり、それで周囲に当たり散らしたりせず頭を冷やす方法も弁えている。 バーニングレスキューとしての任務を遂行する中で、マッドバーニッシュのリーダーリオ・フォーティアとも交戦。 普段はシャツなどを着ているものの、バーニングレスキューとしての活動時にはなぜか上半身裸になる。 常に猪突猛進な彼ではあるが、最終的にクレイに迷惑をかけてしまうような行動は慎むように心掛けている。, 好物はプロメポリスのレストラン「ピッツェリア」の名物料理「インフェルノヴォルケーノマルゲリータメガマックス」。バリスと共に何枚も平らげてしまう。 XFLAG STOREのカフェではプロメアとのタイアップ商品として、これに因んだマルゲリータがメニューとなっていた。  衝撃的な事実にショックを隠し切れないリオの気持ちを察するまでに心が近づいているガロ、「俺にもわからねえ、わかるのはそこに火があったら消すということだけだ。だからお前も貫き通せ。」というセリフには、バーニッシュを認め、力をあわせようというガロの覚悟が込められています。 10代で高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」入りした新人隊員。隊員内での通し番号は7。  ガロも、子供だった自分の命を救ってくれたクレイに「アンタは俺の英雄です」と言っていましたが、そんなクレイがバーニッシュの人体実験場でその善人のベールを脱ぎガロを殴って「旦那と呼ぶな」「ずっと目障りだったんだよ」と吐き捨てます。 俺の火消し魂に火がつくぜ!! 大人気劇場アニメ『プロメア』より、バーニングレスキューの新人隊員、「ガロ・ティモス」がfigmaで登場! スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、作中のシーンを再現可能。 キービジュアルで持っている姿が印象的だが、実際はそのイラストより結構デカい。, レスキューギアが腕等の外装を剥離し、マトイが上に突き刺さって「テッカオン(合体)」することで変形する戦闘特化型のレスキューギア。  ちなみに、リオの姓フォーティアは古代ギリシャ語で「炎」を表し、ガロの姓ティモスは「魂」を意味する言葉。